About the Oncofertility Consortium

オンコファティリティ・コンソーシウムについて

オンコファティリティ・コンソーシウムはがんサバイバーの方の生殖能力の将来について研究するために、全国規模の学際的な取り組みを先駆けて企画された者です。 

若いがん患者さんの生存率は、一つにはがん治療がより有効なものへと開発されてきたおかげで、過去40年の間に急速に上昇してきています。今日では男性も女性もがんを乗り越えた後の人生を楽しみにすることができるようになりました。多くの人はがんそのもの、あるいはがん治療の結果として後に不妊症である可能性があることに直面するかもしれません。

オンコファティリティ・コンソーシウムはがんそのもの、あるいはがん治療によって妊孕性を脅かされている若いがん患者さんに関する複雑なヘルスケアやQOLをめぐる問題に取り組んでいます。

オンコファティリティ・コンソーシウムは、全国に広がる学際的な、医療の専門家、科学者、学者といったいわゆるプロフェッショナルのネットワークを作ることを目標として掲げています。その人たちは若いがん患者さんの健康、病気、サバイバーシップと妊孕性温存について研究をしている方たちです。彼らの仕事と知見は、他の深刻な病気を診断された患者さんや妊孕性を脅かす治療を行わなければならない患者さん方にも範囲を広げて関わっていくかもしれません。

ここであなたはがん・生殖医療の情報とオンコファティリティ・コンソーシウムの仕事について知ることになるでしょう。同様に情報のリソースを知ることは、あなたが、がんとそれ以外の深刻な病気によって患者さんが直面している複雑な妊孕性に関する問題について考えていくことの手助けとなるでしょう。

- Teresa K. Woodruff

 

がん・生殖医療はがんサバイバーへの妊孕性温存療法にまで広がる腫瘍学と生殖医療をまたいだ学際的な領域です。