Fertility Preservation Options

妊孕性温存療法オプション

患者さんは皆別々であり、同じ人はいません。妊孕性に治療が与える影響は様々で生命を守るために行う治療の始まる前の妊孕性温存療法が行える時間の余裕も患者さん個々によって違います。患者さんの年齢、婚姻の有無、個人の意思、宗教や文化の制約、そして生命予後は全て患者さんの意思決定に影響を与えるでしょう。妊孕性温存療法は個人の置かれている環境に合わせて調整されるべきです。そして、治療レジメンと統合される必要があります。がん治療医と生殖医療医の密な連携が、患者さんが家庭を築くためのオプションを維持するための鍵になります。

もっと多くの情報を知るために、この後に書いてある、女性、男性、お子様に分けた妊孕性温存療法のオプションを読んでください。あるいはオンコファティリティ・コンソーシウムの妊孕性温存療法のPatient NavigatorであるKristin Smithに電話をかけてください。 866-708-FERT (3378).

お近くにあるオンコファティリティ・コンソーシウムのパートナーを探すために、National Physicians Cooperative member sitesを検索してみてください。

 

女性:
胚凍結保存

この方法の過程で成熟したいくつかの卵子を育てるために、初めに排卵誘発を行います。そして、採卵を行ってから胚を作るために体外受精を行います。胚は将来使う時に備えて凍結して保存されます。この全過程で1ヵ月を費やします。胚凍結保存のアニを見てみましょう。

卵子凍結保存

この技術はようやくいい結果が出始めた新しい技術です。アメリカ生殖医学会によりますと、もはや実験的な医療ではない、と位置付けられています。この方法の過程はまさに胚凍結保存と同じですが、凍結前に受精操作を行わないことだけが違います。この方法は男性のパートナーがいない独身女性やドナー精子を使いたいと思っていない方には良いオプションです。この全過程で1ヵ月を費やします。卵子凍結保存についてegg bankingを読んでもっと情報を手に入れてください。

卵巣組織凍結保存

手術で卵巣を丸ごと一つ摘出します。そして、卵子を含んでいる外側の表面(皮質といいます)を後に使えるように剥がして凍結保存します。がんサバイバーの患者さんの中で、がんの種類によっては凍結した卵巣組織を融解して体の中に移植して戻すことができます。この方法の結果として何人かの方が妊娠されています。がんの種類(例えば白血病)によっては元々あったがんを再度体の中に埋め込むことになるために、移植することが安全ではない場合があります。オンコファティリティ・コンソーシウムではこの組織の新しい移植方法を積極的に研究しています。新しい技術はまだ実験的でありますが、早くがん治療を始めなくてはならない方にとっては最良の方法の一つかもしれません。ovarian tissue bankingをもっと読んで、アニメも見てください。

 

卵巣位置移動

手術によって、卵巣を放射線療法が施行される照射野から避けて移動させることができます。この手術の目的は卵巣を、機能を保ったまま骨盤内で移動させて、有害な放射線療法の照射野の外に移動させることです。この技術は化学療法の副作用から卵巣を保護することはできません。

 

以上の方法は様々なリスクや副作用があります。がんの種類によってはお勧めできないオプションもあります。妊孕性へのリスクがより小さいオプションもあるかもしれません。これらの方法についてがん治療医の先生と保険会社の方と話し合うことが重要です。なぜなら、これらの方法は医療費が高額であったり、保険がカバーしていない可能性があるからです。

 

SaveMyFertility.org

SaveMyFertility.org で妊孕性と、女性にとってがんとがん治療が持つホルモンのリスクについて学んでください。そして、がんと妊孕性に対する無料のiPhone appをダウンロードして下さい。

 

男性:
精子凍結保存

精子細胞を集めて将来のために凍結保存します。sperm bankingをもっと読んで情報をもっと入手してください。

性腺遮蔽

性腺遮蔽によって放射線の散乱から精巣を守ることができます。Gonadal Shielding.を読んでもっと情報を手に入れてください。 

精巣内精子抽出

思春期を迎えている男の子か大人の男性で精液を採取できない方にとって、精巣内精子抽出は精巣の組織採取によって精子を手に入れることができる外科的な方法です。

精巣組織ガラス化法凍結保存

精子そのものと精子を産生する細胞を精巣組織ごと摘出して凍結保存します。

上記の方法は様々なリスクや副作用があります。がんの種類によってはお勧めできないオプションもあります。妊孕性へのリスクがより小さいオプションもあるかもしれません。これらの方法についてがん治療医の先生と保険会社の方と話し合うことが重要です。なぜなら、これらの方法は医療費が高額であったり、保険がカバーしていない可能性があるからです。

 

SaveMyFertility.org

SaveMyFertility.org で妊孕性と、男性にとってがんとがん治療が持つホルモンのリスクについて学んでください。そして、がんと妊孕性に対する無料のiPhone appをダウンロードして下さい。

 

子供/思春期
卵子凍結保存

若い女性は多くの卵子を発育させるために薬剤で排卵誘発を行います。卵子を採卵して将来のために凍結保存します。この技術は今なお実験的医療と考えられていますが、何度かの経腟超音波を用いた卵胞計測と経腟的な採卵を必要とし、約1ヵ月の時間を要します。思春期のお子様とご両親の中には、この方法に不快な思いをされることもあるでしょう。卵子凍結保存についてはherehereを読んでもっと知識を手に入れて下さい。

卵巣組織凍結保存

手術で卵巣を丸ごと一つ摘出します。そして、卵子を含んでいる外側の表面(皮質といいます)を後で使えるように剥がして凍結保存します。がんサバイバーの患者さんの中でがんの種類によっては凍結した卵巣組織を融解して体の中に移植して戻すことができます。この方法の結果として何人かの方が妊娠されています。がんの種類(例えば白血病)によっては元々あったがんを再度体の中に埋め込むことになるために、移植することが安全ではない場合があります。オンコファティリティ・コンソーシウムではこの組織の新しい移植方法を積極的に研究しています。新しい技術はまだ実験的でありますが、早くがん治療を始めなくてはならない方にとっては最良の方法の一つかもしれません。ovarian tissue bankingをもっと読んで、アニメも見てください。

Sperm banking  

精子細胞を集めて将来のために凍結保存します。sperm bankingを読んで情報をもっと入手してください。がんサバイバーの方が精子凍結保存について議論するところを見てください。

精巣組織ガラス化法凍結保存  

精子そのものと精子を産生する細胞を精巣組織ごと摘出して凍結保存します。hereを読んで、もっと情報を手に入れてください。

上記の方法は様々なリスクや副作用があります。がんの種類によってはお勧めできないオプションもあります。妊孕性へのリスクがより小さいオプションもあるかもしれません。これらの方法についてがん治療医の先生と保険会社の方と話し合うことが重要です。なぜなら、これらの方法は医療費が高額であったり、保険がカバーしていない可能性があるからです。

 

SaveMyFertility.org

SaveMyFertility.org で子供にとってがんとがん治療が持つ妊孕性のリスクについて学んでください。そして、がんと妊孕性に対する無料のiPhone appをダウンロードして下さい。

第三者介在の生殖医療

妊娠ができなかったり、自分の生物学的なお子さんを持つことができない方が親になるための他のオプションがあります。それは次のようなものです。

卵子、精子、胚提供

知人、あるいは匿名の提供者から卵子、精子、胚の提供を受けることができます。donationとdonor eggsを読んで、もっと情報を手に入れましょう。
 

代理懐胎
他の女性にあなたのお子さんを妊娠出産してもらう方法です。hereで代理懐胎についてもっと多くの情報を手に入れてください。がんサバイバーの方が代理懐胎について議論しているのを見てください。

養子縁組 

オンコファティリティ・コンソーシウムはがんサバイバーと連携したいと考えている養子縁組仲介者のリストを編集しました。

FERTLINE
The national fertility hotlineは、がん・生殖医療の患者さんとヘルスケアプロバイダーに個々のケースに応じた情報を提供することを目的に作られています。急な妊孕性温存療法についてのカウンセリング、あなたのお近くの生殖医療センターの紹介、治療による経済面あるいは感情面での情報のために、オンコファティリティ・コンソーシウムのPatient NavigatorであるAnnette Hagganに電話をかけてください。866-708-FERT (3378).

Supportive Oncology at Northwestern University

The Robert H. Lurie 総合がんセンターは全ての治療、回復の段階にある患者さんとそのご家族に対しても、感情面あるいは実務面でのサポートを提供しています。そして、あなたがなんとかがんとともに生きていくという挑戦をすることを手助けするための情報、リソースやカウンセリングに導きます。情報をもっと手に入れるためにSupportive Care Program を訪ねてみてください。

SaveMyFertility.org

SaveMyFertility.org で男性、女性、子供にとってがんとがん治療が持つ妊孕性とホルモンのリスクについて学んでください。そして、がんと妊孕性に対する無料のiPhone appをダウンロードして下さい。