Starting the Conversation

おはなしを始めましょう。

Fertility Preservation for Women Diagnosed with Cancer 

がんと診断された女性のための妊孕性温存療法

Introduction

はじめに

・生殖年齢にある女性ががんと診断された時、多くの方は妊孕性温存を重要と考え、妊孕性温存療法のオプションについての情報を知りたくなります。

しかし、一方で…

―妊孕性の話に直面することは心地良いものではないかもしれません。

 

―妊孕性温存療法について聞いたことがないかもしれません。

 

―がんの診断で頭がいっぱいになってしまい、自分の妊孕性や、家族をもてる可能性があることについて考えることができないかもしれません。

 

・がんの治療開始前に妊孕性について考慮しなかったことを後になって後悔することがあるかもしれません。

・有用な妊孕性温存療法があること知ること、リスクのある患者さんががん・生殖医療の専門家に紹介されることは今後の気持ちの持ち方やQOLを向上させることができます。

・予後が厳しいと言われている方でも妊孕性の温存について考えてみたいと思われるかもしれません。

Fertility Preservation—Where Does It Fit?

妊孕性温存―今の自分はどこに当てはまりますか?

Options for Fertility Preservation

妊孕性温存療法のオプション

・次の表に妊孕性温存療法を希望する女性への有効なオプションについて簡潔にまとめてあります。

・アメリカ臨床がん学会とアメリカ生殖医学会が、がん治療を行う前にリスクのある患者さんは妊孕性温存療法の専門家に可能な限り紹介してもらうことを推奨しています。

・あなたとあなたの患者さんが妊孕性温存療法の専門家がいる場所がわかるように、後の方にいくつかのリソースがリストアップされていますから、参考にしてください。

 

Fertility preservation options for women diagnosed with cancer

がんと診断された女性の妊孕性温存療法のオプション

Starting the Conversation

おはなしを始めましょう。

あなたは、がんあるいはがん治療に関連する不妊症のリスクについて患者さんに話すことは心地よいものではないかもしれません。次にあげるキーポイントはおはなしを始めることの手助けになると思います。

・がんとがんの治療はあなたの妊孕性を脅かすかもしれません。

・治療の予定から、あなたの不妊症のリスクは〔高・中・低〕です。(後述の表参照)

・これまでに子供が欲しい、あるいはもっと欲しいと考えたことがありますか?今のあなたの気持ちではそうではないかもしれませんが、多くの患者さんはチャンスがあれば欲しいと考えていたことに気が付かれます。

・あなたはがん治療を始める前に自分の妊孕性を温存するためのオプションを持っています。(前述の表参照)

・がんとがん治療、あるいは妊孕性温存療法はいずれもあなたが将来出会うお子さんに害を与えることはありません。いくつかある遺伝性がんの遺伝子を受け継がれているかもしれませんけど、我々はその検査を行うことができます。

・あなたは自分の妊孕性を保つことができるかもしれませんし、一時的に失っても再び取り戻すことができるかもしれません。また、できたはずの妊孕性温存療法を行わないかもしれません。しかし、大切なのは、将来後悔しないように、今あなたができる妊孕性温存療法のオプションについてしっかりと調べることです。

・妊孕性温存療法と妊娠はがん再発の危険性を上昇させるとは言われていませんが、妊娠することはハイリスクと考えてもいいかもしれません。

・あなたがもっと他の妊孕性温存療法について相談したいのであれば、私はあなたを妊孕性温存療法の専門家に紹介することができます。

・もし、我々があなたの妊孕性温存ができなかったとしても、がん治療の後に家族を作ることができる別の方法があることを忘れないでください。専門家と一緒にあなたにあった別のオプションを探すことができます。

Cancer Therapy and the Risk of Infertility

がん治療と不妊症のリスク

・生殖年齢の女性にとって妊孕性温存療法の第一歩は不妊症につながるリスクを評価することであり、次に予定されているがん治療のリスクについて評価することです。

・次の表は様々ながん治療とそのレジメンに伴う女性の不妊症リスクですでに分かっているものについて分類してあります。(ずっと無月経であることを不妊であると定義しています)

・妊娠したいと願う患者さんにとって、がん治療が計画された時点での患者年齢が重要であることは当然のことです。35歳以上の患者さんは妊孕性温存療法のオプションが少なくなってきます。

Fertile Hopeもまたonline risk calculatorを提供しています。

Infertility risk associated with specific cancer treatments and regimens

がん治療とレジメンによって特異的に関連する不妊症リスク