What is the Oncofertility Consortium's current project?

オンコファティリティ・コンソーシウムの現在のプロジェクトは何ですか?

胚と卵子の凍結保存は成熟した卵子を作製するために卵巣を刺激します。そして、そのまま凍結するか、受精させてから凍結します。そして、後に融解することが来ます。胚と卵子の凍結保存はがん治療を行う前に行う確立された妊孕性温存療法です。

残念なことに、これらの方法は全ての女性のがん患者さんに用いられるわけではありません。特に思春期を迎えていない少女やがん治療を先送りにできない少女たちがそうです。Northwestern大学のオンコファティリティ・コンソーシウムのメンバーたちは、卵子を含んだ卵巣組織を切除して凍結保存し、後日融解することができるようになれば、この制限は克服できるものと考えていました。彼らの研究の主要な目標は、融解した卵巣組織の中にある卵子を研究室の中で成熟させる方法(卵胞培養とかIFMと呼ばれています)を開発し、従来からのIVFで受精させて胚を作ることです。その代わりとして、融解した卵巣組織を後に女性の体内に戻して移植させ、培養室内というよりは女性の体の中で卵子を成熟させることもできるでしょう。卵巣組織の凍結融解と体外での卵胞培養が成功すると、それは多くの種類のがんと診断された女性の妊孕性温存療法のブレークスルーになるでしょう。初めに卵巣組織の外科的切除はがん治療の開始を1,2日しか遅らせないでしょう。この方法はまだ思春期を迎えていない少女に有効であると評価されていない排卵誘発を必要としません。実際に女性は生まれた時に一生分の卵子を持って生まれてきているために、1歳児でも適用できるかもしれません。

最終的にはこの方法は卵子を急いで受精させる必要がないために、パートナーのいない女性にも適用でき、生物学的な親子関係の時期と相手を選べる提供精子を利用できない女性にも適用になります。

卵巣組織の切除は確立された手法であるにもかかわらず、凍結保存と融解、そして誘拐した卵子をIFMで培養する方法はまだ実験的医療であり、この方法で妊娠された人間はいません。オンコファティリティ・コンソーシウムのメンバーは将来この方法ができるようになるという希望をもって改良に取り組んでおります。